リクナビネクストの掲載したことによる利点

リクナビネクストの掲載料

中途採用で新しいスタッフを探したいと考えている企業は、たいていの場合自社の採用情報を掲載するため、リクナビネクストを活用しようと考えることが多いようです。「就活といえばリクナビ」というパブリックイメージは、日本中にしっかりと根付いているためユーザー数も多く、採用担当者側のほとんどがすぐに名前を思い出す「就活サイトの王道」としてのブランド力はとても強力だといえるでしょう。
ところがリクナビネクストと他の求人情報サイトを比べてみると、その掲載料は大きく異なっていることがわかります。リクナビネクストの掲載料はたいていの求人情報サイトに比べて、かなり高く設定されているのです。ただリクナビネクストの掲載価格だけを見ると驚いてしまうかもしれませんが、掲載料が高く設定されているのにはそれなりの理由があります。
リクナビネクストに掲載を申し込むと、リクルートのスタッフが直接求人情報の取材にやってきて、掲載を希望している企業の魅力について、客観的な視点からしっかりとまとめた記事を掲載してくれるというプランがあるのです。働いている人たちだけの意見では作ることができないような、魅力的な求人情報をしっかり掲載してくれるサービスはとても魅力的ですよね。

リクナビネクストに掲載してイベント参加

リクナビネクストに求人情報を掲載したい場合、中途採用の人材を募集することが決まった時点で、できるだけ早く問合せをしておくことがおすすめです。リクナビネクストに求人情報を掲載すると、よりよい人材を採用できるように、リクナビ側からインターネット上だけにとどまらない、中途採用の人材を確保するためのさまざまな機会を提供してもらうことができるからです。
その代表ともいえるのが全国各地で定期的に開催されている、中途採用者向けの就職活動イベントへのブースの出展です。就職活動業界では新卒生の採用のときだけではなく、転職希望者に向けても年間を通してさまざまな就職活動の機会が提供されています。リクナビネクストのような転職を専門とした就職活動支援サイトの多くは、企業の採用担当者と転職希望者が直接顔を合わせ、企業についてしっかりと話ができるように「転職活動フェア」などといった名目のイベントを全国各地で開催しています。
リクナビネクストに求人情報を掲載すると、それらの転職活動関連イベントでブースを開いて転職希望者と直接話をする権利を得ることができるのです。特に転職への意識が高い就活生と話をすることができますので、効率の良い採用活動につながります。